毎月の生活費の中にある固定費を見直そう!

財布
節約しようと思って頑張ってもなかなか支出が減らない・・
そうお困りの方に多いパターンが毎月の固定費が大きすぎる場合です。

以下に上げたのは固定費として何気なく支払いがちなものの、実は
必要性が本当にあるのか?を考えて節約可能な項目になります。
金額はよくある平均額を書いています。

  • 新聞代・・・4000円
    携帯電話のインターネット機能などである程度代用可能。
  • 美容院、ネイルサロン・・・15000円
    通う頻度を半分に、もしくは自分でやるなどで大幅な節約可能。
  • 携帯電話・・・6000円
    本当に携帯が必要?基本自宅にいる人は固定電話で十分
  • インターネット料金・・・5000円
    携帯やスマホでネットすれば、固定の回線は節約可能。
  • 衣料品・・・20000円
    必ずバーゲンを狙う、ユニクロで買うなどで節約しましょう。
  • 生命保険、医療保険・・・20000円
    見直す余地が大きいのが保険周り。将来の不安に備えるつもりが、現在の不安に繋がっては本末転倒。本当に必要な分だけ保険を利用しましょう。
  • 子供の習い事・・・10000円
    子供の習い事はできればやらせてあげたいのが親ごころ。ですがあきらめる必要がある場合も。
  • 健康食品・・・5000円
    健康食品は高額でも払いがち。本当に意味があるのか?を考えて。
  • ウォーターサーバー・・・8000円
    ウォーターサーバーを選ぶなら、一番安い製品にするなど必要性と経済性を考慮しましょう。
  • ガソリン代、駐車場、自動車保険など・・・30000円
    車は生活の中でも高額な維持費が必要となる最たるもの。本当に車が必要な生活なのか?を考えましょう。

上記に上げた例はごく一部ですが、これらは生活に絶対必要な
ものではなく、あくまで収入に余裕がある場合に、生活の質を
向上させるために必要な項目です。

つまりどうしても節約してお金を貯める必要があるならば、
どこかは妥協してあきらめない限り、固定費が高止まりして貯金に回せません。

何を妥協するかはその人次第。家族とも相談して、まずは毎月
固定で支払っている生活費を洗い出し、全面的に見直してみては
いかがでしょうか?

ちなみに上記の全項目を仮に節約したとすれば、(それでも生きていけますよね)
毎月123000円も現金が浮くことになります!これは大きいですよね!?

節約だけじゃない!一石四鳥の家庭菜園

a1130_000233わたしが実践している節約術は、ずばり「家庭菜園」です。
実は節約目的で始めたわけではなかったのですが、始めてみたら節約にもつながり、健康にも良く、庭に水やりをするので早起きの習慣が身に付き・・・などなど、一石二鳥どころか三鳥、いや四鳥ぐらいのメリットがあることが分かりました。
野菜の苗はホームセンター等でだいたい一つ100円前後で売っています。あとは肥料と土さえあれば準備OK。
いろいろな種類の野菜にチャレンジしましたが、元が取れやすい野菜とそうでない野菜があることも分かってきました。
私が育てた中で一番元が取れると思ったのは「ゴーヤ」です。100円の苗から、ひと夏で20個ぐらいのゴーヤが収穫できました。
ゴーヤの良いところはなんといっても丈夫で初心者でも育てやすいことです。やせた土でも水と光さえあればぐんぐん育ち、実をつけます。
スーパーでゴーヤひとつ安くても150円はしますから、3000円分ぐらいの節約になったと思います。
その他おすすめはつるむらさき、オクラです。節約して残ったお金で美味しいものを食べに行ってますます健康になる予定です!

おやつを買わずに節約とダイエット

a0001_004262私の節約法は、食材や日用品の買い出しの時、おやつ類を買わないことです。

以前の私は、食材の買い物に行くと必ず、菓子パン、和菓子、スナック菓子、シュークリームやエクレア、ロールケーキなんかをちょこっと買ってしまう癖がありました。
こういったおやつ類は、買っておくとついつい食べてしまいますが、なければないで困ることはありません。

ひとつ100円くらいのスイーツでも、家族分買うと数百円、1か月に10回買い物に行くと数千円の出費になります。 そしてお金がかかるという以上に問題なのは、食べれば太るということです。

数か月前から、買い物ついでにおやつを買うのを禁止しています。
ごはんをしっかり食べていれば、間食しなくても案外大丈夫ですし、たまにはいただきもののお菓子やフルーツを食べることもあります。

秋から浮いたおやつ代でスイミングに通うことにしました。
食欲の秋をスポーツの秋に置き換えてダイエットに励みたいと思っています。

もうひとつ実践したことは「レシートの出ない商品は買わない」っていうのが一番効果があったと思います。

例えば、同じジュースを買うのでも自動販売機で買うより、スーパーやコンビニで買う。コンビニって高めだって印象ありますが、自動販売機でジュースを買う方がはるかに高いんですよね。
しかも、レシートが出ないので時間が経つと下手したらお金を使った(商品を買った)ことを忘れちゃって家計簿をつける時に金額が合わないなんてことになりかねない。

そこにある時気付いてから、レシートの出ない商品を買うことを辞めたら意外かもしれないですが、お金を使うことが減ってきました。よくよく考えたら夏の暑い日や冬の寒い日とか…つい買っちゃいそうになるんですよね。

そこで節約できたお金で旅行に行きたいです。…正確には、いつもの旅行より少しランクが高い旅館やお料理をチョイスしてみたいです。まだ節約を始めて2.3ヶ月なんですが、月平均2千円前後は変わってます。

今までどれだけ簡単に自動販売機利用していたか…(笑)
出掛ける時にお茶やジュースを水筒に入れてく習慣も思っていたより早く定着したので苦痛に感じていた期間もあまり記憶ありません。目標金額まで到達しても、この節約はずっと続けたいです。

LEDライトで節約と節電ができちゃいました^^

a0150_000005私が実践している節約術は、小さなLEDライトの活用です。
LEDライトは豆電球のように小さくても白熱灯なら思っているよりかなり明るいです。
LEDライトは経済的にもやはりすごく助かります。
だからこれに味をしめて、洗面台にも暗くなったら自動であかりが点灯する格好いいデザインのLEDライトを買い、さっそくつけました。
これは自動で明るい朝になると消えてくれます。 すごくいいです。
ひと月2円しかかからないです。(1日 8hで)
始めは父が台所の豆電球が切れたときに、LEDライトの(白熱灯の方の)豆電球に変えたら、電気代が安いから常夜灯のように深夜ずっとつけるように変わり、あれだけで真夜中は足元も暗く、手探りで冷蔵庫を開けに行ったりしていたのに、今では全然明るくて、遠くまで幅広く照らしてくれて、怖いとかの心配が全くなくなったし、転んだり、何かにつまづいたりも全くなくなりました。かなりいいです。

ルクスが関係してくるとは思いますけど…
節約したかったら、LEDライトの白熱灯は、割と節約しないと!という気持ちにいつも自然となります。 だから。人にもお勧めします。

電気代の今までより余ったお金は、ゲリラ豪雨や、緊急の際の必要な備品購入に本当に役に立っています。

おつり節約術で旅行代金を捻出中です。

私がやっている節約方法はおつりを節約する方法です。

しかし一般的にやっているおつりを貯金したりする方法は
小銭を貯金したりする方法が多いと思いますが、私の場合は
もっと積極的に節約する意識を持って、使う前から
予定使用額を決めておいてそれ以下で済ませて、その額を
できるだけ抑えるようにしてやる方法です。

例えば食費を一日1000円と決めておくと目標をクリアするために
900円代ぐらいと考えずに800円や700円ぐらいで済ませるようにします。

そうするこるで一日200円から300円の節約を実現します。

衝動買いは決してやらずに服や靴などの衣料品も必要な分を
吟味して世間相場の額を予定額として設定して、実際に
買うときはバーゲンを利用したりします。

私はバーゲンよりも日ごろからそろそろ買わないといけないと
思うものを常に頭にインプットしてふと見たときに安くて気に入れば
迷わず買うというふうにしています。

デザインがいいからとか気に入ったからという理由では決して
買わないことにしています。そうすることで決して予定額を
オーバーすることなく確実に節約していきます。

そうやって残したお金はぱっと使いたいので目標額に達したら
半分ぐらいは旅行などに使いたいと思います。

とにかくなんでも節約してみることが大切です。

私が行っている節約術は、ゴミや家から出るものを少なくするという方法です。

どんな方法でゴミを少なくしているかというと、
油で汚れた食器や子供がこぼした飲み物や食べ物を読み終えた新聞紙で、拭く。→ペーパータオル・テッシュの節約。

三角コーナは置かず、チラシで生ゴミ袋作ります。→生ゴミ袋の節約。

研いだお米の水は、庭の家庭菜園に撒く・溜めすすぎをする・お風呂の残り湯でお洗濯→水の節約。

お野菜の皮・卵の殻はネットで干して、細かくして肥料に→家庭菜園のお野菜結構育ちます。

着られなくなった服は古着屋などへ持っていく→お金になります。

空き箱は子供の工作→わざわざ高いおもちゃなんて買う必要ないくらい、遊べます。

など、いろいろ実践しています。
とにかく、このことを思って生活していると、あれもこれも使えるかもといろんなアイデアが出てきて楽しく節約できています。
家庭から出るゴミの量も少なくなったので、ごみ捨ても楽になりました。

貯めたお金は、子供たちの将来に貯金します。

基礎化粧品をやめてニベアにしました!

a0002_011465私が実践してる節約といえば、今まで使っていた基礎化粧品を全て止めたこと。
けっこうな額を毎回使っていたのですが、最近ではニベアクリームひとつだけです。

化粧水も、乳液も化粧下地も、全てにベアクリームだけです。
そして、ヘアクリーム代わりにも使っています。だから全てあわせると
かなりの節約になっています。

それに色々合ったビンやらスプレーやらというのが無くなり、すっきりしたのも気に入っています。 ダンナにも協力してもらっているので、我が家では二人で節約です。

それで残ったお金で、二人で外食するのを増やすことが出来ました。
たまには、ちょっと気取った店にも行けるよう、節約しています。

以前は数千円から数万円かけていた基礎化粧品ですが、使わなければ使わないで
慣れるものです。それに、毎月使っていた分の金額を考えると、
この節約術はかなりお金が残るので、今では妹や母にも進めています。
それに、同じ物だけを使ってるだけなので、時間の節約にもなってます。

電気代も無駄にしないで節約します。

電気代の節約のために夏は朝4時起きで早く寝て早く起きるを 頑張っていました。
早起き苦手なのにお金のためだけにこの夏の間ずっとやり続けましたよ。

最近は明るくなるのが遅くなってきてしまい、暗くなるのが早くなったので 節約的にとっても残念です・・・ ですが、秋も朝5時など、外が明るくなり始める頃に起き上がるように頑張ります。

夜の電気代を浮かすために夜は早く寝ます~。
それからたとえ夜であっても、パソコンがついてる時は部屋の電気をつけないで節約することもあります。

これは節約にはなるんですが、目によくないんですよね?
なのでなるべくは控えていますが、たまにやっちゃいます。

というのも、私の部屋の蛍光灯は結構大きくて、1時間あたり2,5円はかかるので
馬鹿にならないんですよ。
なので、基本的に電気代のうんと安い小さなスタンド蛍光灯だけつけて過ごしたりします。
これですと、1時間0,5円くらいなのでかなりお金が浮く気がします・・

残ったお金の使い道は、とりあえず貯金かもしれません。色々欲しいものがありすぎて
決まらないですよ~、単純に他の生活費に回るだけのような気もしますが・・

食材は値引き品を狙うのがコツ!

a0055_000887私が普段行っている節約術として、自炊に使う食材を購入するときは、必ず値引き品を選んで買っています。
これは単純に安いものを買って得をしたいという考えもあるのですが、その得した分の金額を貯金する目的もあります。

例えば、100円の食材に20%引きの値引きシールが貼られているものを購入すれば、80円で買えるので、20円貯金することができます。
普段一度の買い物で購入する食材の数は、大体3~5品目ぐらいなので、買い物の度に50~100円以上の貯金がなされていきます。
もちろん運良く半額シールのものを購入できれば、さらに貯金できる金額が増えますから、スーパーマーケットへ行く時間も、できるだけ半額シールが貼られる可能性が高い時間帯へ行くようにしています。

そしてその値引き品購入貯金をして貯めているお金を何に使おうとしているかというと、新しいパソコン購入の資金にしようと考えています。
なにせ現在使用しているパソコンが大分古い機種なので、いつ壊れるか不安で、早く買い換えたいのです。

もうこの貯金法をはじめて一年ほどになり、貯金額も3万円以上になりました。
ある程度の性能の機種を買いたいと思っているので、目標額は約7万円。
ですからあと一年ほど、この節約術と貯金法を頑張りたいと思います。